Hokkaido (3) Ainu Culture

After lunch, we arrived at our destination, Nibutani Ainu Culture Museum in short time. The place was very quiet with only few visitors. The museum itself wasn’t so big but there were a lot of interesting Ainu related exhibits to keep us busy.

お昼を済ませ、二風谷アイヌ文化博物館へ向かい、直ぐに到着。平日でもあり、とても静かで、数組の観光客しかいなかった。博物館自体はそんなに大きい物では無かったが、展示してある工芸品は無数あり、初めて見るゆえ、とても楽しめた。

Ainu people resided in this area because of the forest and the Saru River. This river is very holy for the Ainu, they bring abundance of fishes to the villager. In the museum there were many tools on display. Shoe made of fish skin, beautifully carved knifes, wooden stick for protecting the evil spirit, ceremonial costumes etc. The marks on the tools all have a meaning. There are 4 main design in Ainu language: “Moreu noka”= Quiet curves, “Sik noka” = Eye, “Ram-ram noka”= fish scale and “Ay-us noka”= thorns. These marks are said to protect the user from the evil spirits.

アイヌの人にとって二風谷は沙流川があるから特別なんだと実感。静かに流れる川には魚(シャケ)が豊富に採れ、山もなだらかで自然豊かな恵みでいっぱいだ。博物館にはさまざまな道具が展示してあり、魚の皮で出来た靴、魔除けの木の棒、民族衣装に様々な生活道具。目を引く模様にも意味があり、一番基本な模様はアイヌ語でモレウノカ=渦巻き、シクノカ=目の形、ラムラムノカ=ウロコの形、アイシユノカ=棘の形などなど。これらの模様は全て魔除けであり、生活道具に沢山施されていた。

Ainu believe that spirit resides in everything. “Ramats” in Ainu means the spirit in nature. Trees, flower etc, and “Kamui” are the spirit which are larger in scale than us human which refers to God. Kamui in it’s own world looks exactly like us human but when they descent to human world they disguise them in a form of animal or natural phenomenon like a thunder or earthquake etc.

アイヌの人々は全ての物に魂が宿っていると信じている。ラマウとはアイヌ語で自然の中に宿っている魂。草木などの霊魂。カムイは人間の力が及ばないもの、強い影響力を持つ神に近い存在に使う言葉。カムイはカムイの世界では人間と同じ姿をしているが、人間界に降りてくるときは自然現象として現れる。たとえば、雷とか大地震など。

In the picture above, the wooden sticks with a wooden beard like decoration tells us that this place was used as a some form of ritual to welcome God or to pay respect to God. Ainu lived in harmony with nature.

上の写真には神々を呼ぶもしくは、ここに神々がおるという印の棒が無数に刺さっている。棒の上には木で出来たクルクル糸状のものが飾られていて、展示物にもこれらの物が沢山飾られていた。

The museum is surrounded with Ainu traditional houses called Chise. The one in the picture above is a more primitive version of the house. The latter ones, the floor is lifted one step above the ground level and have a woven rug placed like a carpet. The rugs where made of thick grasses and it was really soft with a cushion and I believe sleeping on it must have been comfortable. In the center of Chise, there is a fireplace which the spirit of fire, Apefuchi Kamui resides and when the Ainu want to seek help from Kamui, they will pray to Apefuchi for their wishes will be sent to the Kamui Gods. (In the picture you can see the ornaments which is decorated with wooden threads to welcome Kamui in the house.

博物館の外側にはアイヌの家=チセが沢山立っていた。写真上のものはいわば原始的なタイプのチセ。もっと高度な物は地面から一段床が上がっていて、草の織物で絨毯如く床が引き詰められていて、とても柔らかく、弾力がある感触で、座ったり、寝転がったりしても楽だろうなぁと思いました。チセ内の中心には炉がありここが生活の中心になります。火のカムイ、アペフチカムイを祭るために飾り物もあり、アイヌの人々はカムイにお願い事をする場合、アペフチカムイを通して、様々なカムイに願いを伝達してもらうのだとか。

We hanged around this area till pass 2pm, there is a building called Biratori-cho Ainu Culture center which you can purchase Ainu crafts and Ureshipa which is an open studio for Ainu crafts workshops. The craftsmen in the area gather to Ureshipa (It’s like a open studio to local artist) and you can see them working. I’ve talked to a lot of local on this visit, some of them are really famous woodcarving artist (I didn’t know at the time but realized when I got home to do further research) he just looked at me and ask me if I was doing something related to crafts…Hummmm.  

Next we will moved to our inn >>> to be continue

私達は結局このエリアに午後2時過ぎまで過ごしました。博物館の他に、平取町アイヌ文化センターへ立ち寄り、工芸品も現物。ウレシパと言う施設には予約でワークショップに参加も可能。ウレシパは地元の工芸作家の共同アトリエという感じで、調った施設で作家さん達が各々作品を作っていました、その後、匠の道を見つつ、地元の人々、作家さんと立ち話も出来ました。普通に作品を見ていたら、あなた物を作る人?と、唐突に聞かれた時はちょっとドキリとした。同じ匂いがするのかしら、何はともあれ、そう思われて光栄でした。下の方に役立ちそうなリンクを貼っておきます。

この後は今夜のお宿に向かいます。>>>つづく

These are some of the links of the places I visited in this area:

平取町二風谷アイヌ文化博物館・Nibutani Ainu Culture Museum

二風谷アイヌ匠の道・Nibutani Ainu Takumi no Michi

Map borrowed from Nibutani Ainu Takumi no michi HP

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中