Spring is here.

(日本語は下の方にスクロールしてください。)

Hello there, I’m been out for such a long time….

I’m writing this on March 6. So many things has passed by since my last post in December…..

Sending a New Year card is also a Japanese custom. This was ours and is an illustration of our flat with a rabbit (Year of the rabbit) in the moon.

First of all, New Year in Japan is a big deal.

New Year prep started right after the Christmas from cleaning the house and decoration, shopping for food and preparing it. When it’s finally New Year, meeting and greeting the elders so therefore family gatherings is a must, the table will be filled with food with auspicious meaning to bring in luck to the family.

Japanese visit shrines to pay respect during the first 3 day of the New Year, so it’s usually very crowded but it’s a must. We usually goto at least 2 shrines, the local one which worship the god near our house and a bigger one which covers the whole town or province. We will return our old amulet and buy a new one to place it in our altar at home.

Then comes along the Lunar New Year which the Chinese descendant in Japan celebrate and I am Chinese Thai and the city I live, Yokohama is famous for it’s Chinatown so of course we will head down to Chinatown to prep for this too.

When all the New Year related event is over, then comes the spring related event, starting from [SETSUBUN] Feb 3 which marks the end of winter to welcome the first day of spring which is [RITSUSHUN] Feb 4 and leads us to [SHUNBUN] Mar 21 the Spring equinox.

March is a very symbolic month for the Japanese, it’s a month of graduation. Depending on which part of Japan you are living it’s the month of the famous Sakura to start blooming, it’s a month of saying farewell to you old classmate and preparing for a new life which starts in April.

So as you can see, as the new years starts in Japan, time flys and move very quickly toward spring which in a way we are preparing for a true “New Year” which starts from March – April.

In these past months, I wasn’t that busy, but I had things going on in my real life and couldn’t get the momentum to blog on the internet. As you can see, I am trying to blog in two languages and that had become a lot of stress for me. Blogging in either English or Japanese is OK but both felt very awkward.

I was considering dropping the Japanese part out of this blog but that felt wrong, because there are some Japanese readers too. I have been contemplating about this since the New Year and couldn’t come up with the answer but today, the idea just popped out. I’ll continue blogging in two languages but the English text and the Japanese text will be different. This doesn’t means that the content will be different but the point of view / interest may shift depending on the cultural background so the outcome may differ a bit.

I think this change will make my blogging more natural to both languages and therefore less awkward from my point of view. Thank-you for your patience and hope my little attempt will open the door to the Asian cultures and understand it more.


前回の投稿から随分ご無沙汰になってしまい、申し訳ないです。お正月は想像通りバタバタしてて、気がついたら年が明け、そのまま立春、そして気づけば3月になってしまいました。

我が家の場合、年末恒例の事柄は年々シンプルな方向へ。生まれてから日本に住んでいるものの、私はやはり外国人。中華系タイ人的な正月の準備は日本ほど大がかりではなく(タイに居ないと言う事も有りますが)美味しい食事を準備をするぐらいであとはゆっくりする感じなのですが、日本人(しかも長男)と結婚して、え〜こんなに色々有るんだと30代は必死で覚えようとしていました。

でも、50代に入り、あれもこれも必要ないなぁと夫婦で確認しつつ、年々シンプルに。元旦恒例の家族での食事会も2、3品持って行く程度で自分家はとても質素です。年の暮れで中華のお惣菜をちょっとづつ作り置きしてて、お正月の食事はちょっとした飲茶ぽくするとかその程度。あと、今年は初めて聘珍楼さんの前菜を購入し自分の中華と合わせて食べたのも良かったです。年末の30・31日限定で聘珍楼さんの店頭で惣菜を売るのですが、購入したものは全て絶品でおすすめです。

横浜で生活をしていてて、外せないのが旧正月・春節を味わう事。今年は1月22日でお休みの日が春節と重なったので関帝廟と媽祖廟へ。恒例のおみくじもひき、中華街の混雑ぶりに驚きつつ、春節を味わいました。

新年を迎え、とても忙しいと言う感じでも無かったのですが、ブログに向かう感じになれずにいました。リズムが掴めないと言うか、ちょっとした違和感を感じていました。何に違和感を感じているのかぼんやり考えている内に3月になってしまったのが正直な所です。

そして、昨日ふと、日本語と英語と二カ国でブログを書くことに違和感を感じた事に気づく。(遅い)日本語、英語、それぞれの言語に書くと言う事に違和感を感じていると言うより、記事をそのまま英語から日本語へ直訳、またはその逆に違和感を感じていたのです。外国人に向けて書いている記事をそのまま日本語に直訳するってなんか変と薄々思っていたのです。外国人に伝えたいポイントと日本人に伝えたいポイントが同じ訳がない(例外もある)だって、住んでいる環境とか予備知識が違うのだから、伝え方が違うに決まっている。普段外国人と接する時だって、その人に国、文化を踏まえて、これを伝えると喜んでくれる、ここのポイントは是非知ってもらいたけど、それって日本人にとっては不要なことが多々ある。でも、日本人の場合は新たな視点で違う角度で伝えいた。。。同じ記事でも文化圏によって伝えるべき角度・ポイントって違って当たり前。

この事に気づいて、あぁ、そうか。それなら、同じテーマでも使う言語によって書き方、伝えたいポイントを私の感覚で変えちゃおうと。この気づきがなんとなく腑に落ち、こういうアプローチでブログを書く人が居ないかもだけど、多国語を喋る人なんだし、色んな角度から物事を普段から見ているのだし、その方が私にとって自然だなと。

なので、この記事以降、引き続き英語・日本でブログを執筆しますが、より、私の脳みそに近い感じで同じテーマでも言語によって語り口、内容がちょっと違うかも。二カ国読める人はそれはそれで楽しめるのかも(笑)2023年春、引き続きよろしくお願いします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中