Sport Shimbun or Sport Newpaper

World Baseball Championship, wow. The morning after the legendary win of the Samurai Japan, my husband rushed to the nearby news stand to get what we call in Japan “Sports Shinbun” or Sports newspaper.

In Japan there are about 8 Sports Shinbun and are divided into two types. Ones which are delivered to the news stand in the morning and the other in the evening. Japanese business man commute by train and it is like a ritual to buy these type of newspaper to enjoy while commuting. These news paper covers most of the sports from major ones like baseball, soccer, golf, sumo to the ones like horse racing, boat racing which are popular among people who loves to bet on it. In the middle section of the paper, there will be stats of the horse and gentlemen will make notes using a red color pencil and predict which horse will win. Sport Shinbun also covers gossips of the stars and it’s an easy way to catch up with the local news too.

Picture above : In the center it says, [To Ootani and the Samurais, the world most coolest, thank-you for the dreamlike moment].

Picture below: A whole page dedicated to Nootbaar. He became an overnight sensation here in Japan for his performance and his personality.

My words on WBC. I started watching from Japan vs Korea game trying to figure out why Shohei Ootani is said to be a GOAT. I wanted to figure out what was so special about him. I was sold in the end. Yes, he was amazing, he was like a fantasy, a unicorn was a good way to describe him. What made WBC even more fun to watch was that Shohei Ootani’s teammate, the Samurai Japan was such a fun team to watch. Every player had a distinct character and with Ootani combined, it was like reading a good baseball manga. Samurai Japan’s opponent was also so fun to watch, every team representing their country had it’s own story behind, their hero, witnessing different baseball culture around the world was so much fun.


日本がWBCで日本一になった翌朝、夫は朝一にスポーツ新聞を買いに出かけ、それと共に朝食を楽しんだ。

彼は昔から野球好き。小学生の頃から彼なりのペースで追っているが、熱狂はしないようにしている。しかし、今回WBCでのメキシコ戦をみていた時、村上選手がヒットを打って、壁にワンバウンドしただけで大騒ぎしている私の横で、周東は?周東ーーーー??と、確認出来なく慌てている間に、実は大谷選手の後ろをピタッと走ってて、とっくにベースを踏んでいる…。この早技が凄過ぎて拍子抜けし、野球少年に戻っていた(野球少年に戻ったエピソードは他にいっぱい有るが、この時の彼の慌てぶりが一番わかりやすかった)。

野球に全く興味が無い私はなぜWBCが見れたのか。先ずは大谷翔平選手がどうしてそんなに凄いのかを確かめたかったから。ヌートバー選手は我が家では「“ヌー”一族」として注目していてて、とにかく名前に「ヌー」が付くと夫は「“ヌー”一族」と呼び、私の仲間だと言い張る。その点だけでも注目度は上がる。(私の名前がオラヌでその「ヌ」にちなんで。ちなみにKing Gnuの“ヌー”一族w)

話をゲームに戻すと、前半、私は個人的に吉田正尚選手に注目してて、表情ひとつ変えない感じ、あの体幹がどっしりしててゾウの足又は大木の幹見たくめちゃくちゃ安定感があるフォルムが凄過ぎて釘付けだった。あと今シーズンからボストンレッドソックスでプレイする事もポイントで、な〜んか昔からレッドソックスのロゴと球場が好きなのだ。(その後吉田選手のあだ名が“マッチョマン”だとしり、納得する。)

WBC終わり、気が付いたら大谷選手に持って行かれた。選手として凄いと納得しましたが、人格の素晴らしさにシビレた。様々な場面で私達が見ている景色より遥か遠くを見ていると気付かされたし、日本を代表してWBC参戦でしたが、日本と言う枠、もとい国と言う枠を超え、ただただ、野球が好きでその楽しさを伝えたい感をビシビシ感じました。試合中は誠心誠意野球に打ち込み、終わると戦った相手チームにも敬意を表し、清々しいの一言。

それにしも今まで一番面白い野球の試合が見れて楽しかったなぁ。楽しくて、余韻に浸り過ぎて、(言葉に表せない&書くまでも無い気持ちの方が大きい)書き始めてから投稿するまで一週間もかかってしまった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中